独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2月10日、HtmlUnitが提供する、Javaアプリケーションにwebブラウザ機能を提供するライブラリ「HtmlUnit」に任意のコード実行が可能となる脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3によるBase Scoreは5.6。 「HtmlUnit 2.37.0 より前のバージョン」では、Mozilla Rhinoエンジンの初期化に不適切な部分が存在し、細工された JavaScript….



Source link

Write a comment:
*

Your email address will not be published.