独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は2月12日、「Microsoft 製品の脆弱性対策について(2020年2月)」を発表した。一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)も「2020年2月マイクロソフトセキュリティ更新プログラムに関する注意喚起」を発表している。これは、マイクロソフトが2020年2月度のセキュリティ更新プログラムを公開したことを受けたもの。 対象となるソフトウェアは次の通り。 ・Microsoft Windows ・Microsoft Edge (EdgeHTML ベース) ・Microsoft Edge (Chromium ベース)….



Source link

Write a comment:
*

Your email address will not be published.