独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月5日、Paul’s PPP Packageの「pppd」にバッファオーバーフローの脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。PPPは、ダイヤルアップでのインターネット接続に用いられるプロトコル。 「pppd 2.4.2 から 2.4.8 まで」には、EAPパケットの処理時に入力データのサイズを適切に検証していないことに起因するバッファオーバーフローの脆弱性(CVE-2020-8597)が存在する。この脆弱性が悪用される….



Source link

You must be logged in to post a comment.