独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月22日、OpenSSL Projectが提供する「OpenSSL」にNULL ポインタ参照の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。これは、OpenSSL Projectがセキュリティアドバイザリを公開したことを受けたもの。 今回、「OpenSSL Security Advisory [21 April 2020]」により公開された脆弱性は、「SSL_check_chain 関数におけるセグメンテーション違反 -….



Source link

You must be logged in to post a comment.