独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月11日、マイクロソフトが提供する「Microsoft SMBv3(Server Message Block 3.1.1)」プロトコルにリモートコード実行の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3によるBase Scoreは9.8。影響を受けるシステムは次の通り。

Windows 10 Version 1903
Windows 10 Version 1909
Windows Server, version 1903
Windows Server, version 1909

これらに搭載される「Microsoft SMBv3」プロトコルには、圧縮を用いた接続処理に起因するリモートコード実行の脆弱性(CVE-2020-0796)が存在する。この脆弱性が悪用されると、遠隔の攻撃者が悪意のあるパケットを送信したり、悪意のある SMBv3 サーバにアクセスさせることにより、任意のコードを実行される可能性がある。JVNでは、「SMBv3 の圧縮処理を無効にする」「外部との SMB 接続をブロックする (ポート 445/tcp)」といったワークアラウンドを実施することで、脆弱性の影響を軽減できるとしている。





Source link

Write a comment:
*

Your email address will not be published.