トレンドマイクロ株式会社は1月17日、2つの「パスワードマネージャーのセキュリティ情報」をアラート/アドバイザリ情報として更新し、発表した。独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)もこれを受け、2つの「トレンドマイクロ製パスワードマネージャーにおける情報漏えいの脆弱性」を1月17日に「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表している。 ひとつは、特定の条件下において、管理するIDとパスワードなどの情報をメモリ上に平文で保持し続けている状態が発生するため、メモリ内容をスキャンすることができ….



Source link

Write a comment:
*

Your email address will not be published.